原作 三浦しをん

全国書店員が選んだいちばん!売りたい本 2012年本屋大賞「舟を編む」三浦しをん著(光文社刊)
今回、撮影現場のセットにうかがい、
ものすごく作りこんで撮っていらっしゃることを知って感動しました。
書く時はそこまで具体的にイメージしているわけではないので、
建物が現実に立体化されているのを見ると不思議な気持ちです。
松田龍平さんが、役をとても深く解釈して演じてくださる
役者さんだということは、すでに存じていましたが、
それにしてもすっかり「馬締」になっておられて、びっくりしました。
松田さんがいるのに気づかず、
うっかり通り過ぎてしまうところでした。
信頼のおけるスタッフ・キャストの方に
「舟を編む」を映画化していただけることになり、本当に嬉しいです。
辞書の世界がどう映像化されるのか、
楽しみにしております。

PROFILE|SHION MIURA

写真:三浦しをん

1976年生まれ。2000年に書き下ろし長編小説「格闘する者に○」でデビュー。
2006年に「まほろ駅前多田便利軒」で直木賞を受賞。小説にはほかに、
「まほろ駅前番外地」「風が強く吹いている」「神去なあなあ日常」「木暮荘物語」など、
エッセイに「悶絶スパイラル」「あやつられ文楽鑑賞」「お友だちからお願いします」など、
著作多数。2012年、「舟を編む」で本屋大賞を受賞。

▲ページのトップに戻る