キャスト

松田 龍平/まつだ・りゅうへい

馬締 光也/まじめ・みつや

写真:馬締 光也/松田 龍平

1983年生まれ。1999年、『御法度』(大島渚監督)で俳優デビュー。数々の新人賞を総なめにし、話題を集める。その後、『青い春』(02/豊田利晃監督)、『ナイン・ソウルズ』(03/豊田利晃監督)、『昭和歌謡大全集』(03/篠原哲雄監督)、『恋の門』(04/松尾スズキ監督)など、多数の主演作を経て、「夜叉ヶ池」で舞台に初挑戦。2007年には「ハゲタカ」(NHK)で初のドラマ出演を果たし、活動の幅を広げる。近年の主な映画出演作に、『劔丘点の記』(09/木村大作監督)、『蟹工船』(09/SABU監督)、『ボーイズ・オン・ザ・ラン』(10/三浦大輔監督)、『まほろ駅前多田便利軒』(11/大森立嗣監督)、『探偵はBARにいる』(11/橋本一監督)、『I'M FLASH!』(12/豊田利晃監督)、『北のカナリアたち』(12/阪本順治監督)など。公開待機作に『探偵はBARにいる2』(13/橋本一監督)がある。

コメント:
馬締を演じる上で、突発的に、想いだけで動いてしまう瞬間が何度かあって、そういう時は石井監督がOKと言ってくれたものを信じるようにしました。石井監督は客観的に見ながらも、どこかで監督自身が馬締として現場にいてくれた。お互いに描いていた馬締をすり合わせながら一緒に作っていきました。
馬締は知識としては言葉をたくさん知っているけど、使い方を知らなかった。知識ばかり詰め込んで自分の世界の中で反復させているだけだったというか。でも人と出会うことによって自分の知っている言葉を活かそうとして、言葉本来の役割を見出していく。相手のことを知りたい、自分のことを知ってほしいという思いから、言葉は成り立っていると思います。

宮﨑 あおい/みやざき・あおい

林 香具矢/はやし・かぐや

写真:林 香具矢/宮﨑 あおい

1985年11月30日生まれ。第53回カンヌ国際映画祭に出品された『EUREKA(ユリイカ)』(01/青山真治監督)で脚光を浴び、続く初主演映画『害虫』(02/塩田明彦監督)では、国内外の賞を受賞。またNHK大河ドラマ「篤姫」(08)での圧倒的な存在感は世代を超えた人気を博す。主な主演映画に『NANA』(05/大谷健太郎監督)、『陰日向に咲く』(08/平川雄一朗監督)、『闇の子供たち』(08/阪本順治監督)、『少年メリケンサック』(09/宮藤官九郎監督)、『劔丘 点の記』(09/木村大作監督)、『ソラニン』(10/三木孝浩監督)、『オカンの嫁入り』(10/呉美保監督)、『神様のカルテ』(11/深川栄洋監督)、『ツレがうつになりまして。』(11/佐々部清監督)、『わが母の記』(12/原田眞人監督)、『おおかみこどもの雨と雪』(12/細田守監督)、『天地明察』(12/滝田洋二郎監督)、『北のカナリアたち』(12/阪本順治監督)、『きいろいゾウ』(13/廣木隆一監督)などがある。13年は本作の他に、『ペダル ダンス』(石川寛監督)の公開が控えている。

コメント:
初めての石井組でしたが、監督のもと香具矢という大人の女性をきちんと演じられたらいいなと思っていました。
この映画は辞書を作るという一つ大きな目標に向かって、みんなが力を合わせて何年もかけてそれを成し遂げる。「人と人とのつながり」や、「何かを受け継いでいく」といったことを感じられると思います。
今、世の中に言葉が溢れていますが、正しい言葉・きれいな日本語を使うことはやっぱり大事なことだと思います。たとえば“省略せずに名称を言う”ことであったり、きれいな日本語を使える人でいたいなと思ったりしました。
たくさんの原作を読まれている方々にも映画は映画で小説とは違ったものとして、きっと楽しんで頂ける作品になると思います。

▲ページのトップに戻る