シンプルページはこちら(Flashを表示できない方向けのページです。視覚に障がい
のある方が利用している画面読み上げソフトでアクセスしやすいよう配慮しています。)

舟を編む LOADER 0%

official Twitter

official Facebook

各界の方が編む「驚き」「愛」「感動」の言葉 「来たれ!辞書部」ビヨンド公開辞書作りイベント開催しました! 春よ恋!“恋”の語釈 投稿キャンペーン!
ブルーレイ&DVD好評発売中!詳しくはこちら!
映画賞受賞一覧 第86回米国ブルーレイ&DVD好評発売中!賞外国語映画賞部門 日本代表作品に決定!
2月8日(土)より凱旋公開決定!

進む 戻る
ストーリー画像0

一生の仕事。愛する人たち。そして言葉――大切にする。全力で

ストーリー画像1

馬締を迎えた辞書編集部は、新しい辞書「大渡海」の編纂に取り組んでいた。見出し語約24万語、編集方針は、新しい概念や言葉も積極的に掲載し、今までにない“今を生きている人たちに向けた辞書”を目指すこと。

ストーリー画像2

用例採集、見出し語選定、語釈執筆、レイアウト、校正…優に15年はかかる辞書作りは、地道な作業の連続。新しい言葉集めに余念がない松本の情熱。いつもちょっかいを出してくる西岡の明るさ。佐々木の寡黙な優しさ。そして荒木から受け継いだ袖カバーの重み。編集部の皆を尊敬する一方で、うまく自分の気持ちを伝えられず、また皆の気持ちもわからないことを悩む馬締。

ストーリー画像3

果たして「大渡海」は完成するのか?そして、馬締の思いは伝わるのだろうか!?

本予告

特報

背景画像
キャスト

松田龍平

進む 戻る
背景画像
原作 三浦しをん今回、撮影現場のセットにうかがい、ものすごく作りこんで撮っていらっしゃることを知って感動しました。書く時はそこまで具体的にイメージしているわけではないので、建物が現実に立体化されているのを見ると不思議な気持ちです。松田龍平さんが、役をとても深く解釈して演じてくださる役者さんだということは、すでに存じていましたが、それにしてもすっかり「馬締」になっておられて、びっくりしました。松田さんがいるのに気づかず、うっかり通り過ぎてしまうところでした。信頼のおけるスタッフ・キャストの方に「舟を編む」を映画化していただけることになり、本当に嬉しいです。辞書の世界がどう映像化されるのか、楽しみにしております。
背景画像
スタッフテキスト

背景画像